クリーニング資格を取得するまでの流れとは?

クリーニング資格にはいくつか種類がありますが、資格を取得するまでの流れはほぼ同じです。それはまず資格に必要な知識を学び、試験を受け、資格取得後は活動の場を広げることができるといった流れです。

 

では取得するまでの期間はどのくらいかかるのでしょうか?クリーニング資格の代表的なものである「クリーニングインストラクター」」と「ハウスクリーニングアドバイザー」の例をとってみてみましょう。

 

「クリーニングインストラクター」を取得するまでの期間とは?

クリーニングインストラクターとは、掃除に関する幅広い知識を持ち、それを生かして掃除をすることができる技術を取得した人が有することができる資格です。水垢、フローリングの掃除の仕方など自宅をよりキレイにするために、また仕事へのスキルアップとして人気のある資格となっています。

 

そのため、水垢の多い水周りや汚れが落ちにくいキッチン周りなどを徹底的に掃除する知識と技術が求められます。もちろん独学でも学ぶことができますが、勉強のためにあまり時間を割くことができない方や、効率よく資格を取得したい方は、通信講座や通信教育を提供しているスクールなどを利用することができます。特に通信講座は、分かりやすい教材なので受講しやすく、何度も質問することもできます。たいてい半年間のカリキュラムで構成されていますので、6か月程度で資格を取得することができるでしょう。もし急ぎで資格を有したいなら、2か月コースを受講することができるかもしれません。

 

「ハウスクリーニングアドバイザー」を取得するまでの期間とは?

ハウスクリーニングアドバイザーとは、ハウスクリーニングについての知識や視点を理解し、場所や床材別ごとに適切な掃除ができると判断された方が有することができる資格です。なので的確な判断ができるため、アドバイスをプロとして、つまりアドバイザーとして活躍することができます。それにはハウスクリーニングの基本はもちろん、プロが使用する掃除用具の選び方や使い方、適切な道具を使ったプロの掃除方法を身に着けることが求められます。これらの知識は独学で学ぶことも可能です。

 

しかし、勉強のためにあまり時間を割くことができない方や、効率よく資格を取得したい方は、通信講座や通信教育を提供しているスクールなどを利用することができます。特に通信講座は、自宅で自分のペースで受講することができ、約半年間、1日あたり30〜40分の勉強時間で資格を取得することができます。最短2か月コースを受講するなら2ヶ月程度で資格を取得することができます。

 

まとめ

クリーニング資格を取得するためには、資格に必要な知識や技術を学ばなければなりません。すでにそれを有しているならすぐに受験することができます。

 

しかし、これから学ぶという場合はいくらかの期間がかかります。もちろん独学で学ぶことができますが、通信講座で学ぶなら約半年間ですべての知識を学ぶことができます。最短でも2か月コースを受講してから受験することができるでしょう。

関連ページ

クリーニング資格をとるには
世の中にはさまざまな資格がありますが、その中でもクリーニング資格を取得するなら数々のメリットを得ることができます。まず一つ目として、就職や転職などの仕事探しの際の審査に有利となります。
ホテルや旅館の仕事スキルアップにもおすすめ
自己流で掃除をしていると、細かい汚れが落としきることができないままになっていたり、汚れを見過ごしていることなど少なくないことでしょう。しかし、ホテルや旅館などに泊まると、そのキレイさ、つまり本格的な掃除方法に驚かれたことがあるのではないでしょうか?
家事代行のスキルアップにおすすめ
家事代行とは、文字通り家事を代行するサービスのことです。共働きの家庭が多く、家の家事まで手が回らない・・という家庭が増えてきているため、家事代行サービスの需要も増えています。仕事の内容は主婦が行っているものとほぼ同じで、料理や洗濯、掃除などが主な業務となっています。
家事の負担が減らせるクリーニング術
家事のひとつである掃除の負担を少しでも軽くしたい!と誰もが思うことでしょう。ではどのように負担を少しでも軽くすることができるでしょうか?まず掃除をする場所と時間の計画を立てましょう。