トイレのクリーニングのコツとは?

トイレのクリーニングはまず便器などの全体の汚れをふき取ることから始めます。特に便座の裏や便器の淵に汚れがたまりやすいので気を付けましょう。次は壁の掃除です。壁はたくさんの尿が飛んでおり、思っている以上に汚れています。そのまま放置しておくなら壁に黄ばみができてしまうのでしっかり汚れを落としましょう。

 

基本、壁は拭き掃除で汚れを落とすことができますが、壁紙の場合は薄めた中性洗剤をぞうきんにつけてやさしく叩きながら汚れを落としていくことができます。最後は床です。トイレの床は尿や手を洗ったときの水が飛び散っているので、拭き掃除をする必要があります。特に便器付近を中心にクリーニングしましょう。これら基本のクリーニングに加え、トイレのタンクの中、便器内についてしまった黄ばみや黒ずみ、トイレの換気扇などは定期的に時間をかける必要もあります。

 

トイレのクリーニングを効率アップするには?

なるべく時間をかけずにどのように効率よくトイレをクリーニングすることができるでしょうか?それは毎日クリーニングをすることです。毎日しているなら汚れもたまりにくいので短時間で終わすことができます。また汚れを見つけたらすぐに落とすことも大切です。

 

それにはトイレを使っている時に発見した汚れや、使っている時に付けてしまった汚れなどが含まれます。すぐに落とすなら効率よく毎日トイレをクリーニングすることができるでしょう。

 

お風呂のクリーニングのコツとは?

お風呂のクリーニングは入浴後に行うのがベストタイミングです。汚れは少しでも早めに落とした方が汚れ落ち効果があるのです。残り湯をためておく場合は、湿気によるカビが発生しやすいので換気を十分にするなどして注意しましょう。お風呂のクリーニングはバスタブや床に加え、忘れがちな壁も毎日行うことが大切です。

 

壁にはシャンプーや石鹸などが飛び散っていますので、壁も洗い洗剤もしっかり洗い流すようにしましょう。またシャンプーなどのボトルは、水に濡れたままにしておくと赤カビの原因となりますので、ラックを使用したり、置く場所を毎日変えるなど水気を切る工夫をすることができます。そしてお風呂のクリーニング後は、カビの原因となる湿気をとるために乾燥させることがとても大切です。換気扇を回したり、窓を開けるなどして湿気をとりましょう。

 

まとめ

トイレのクリーニングは、まず便器、壁、床の順で汚れをふき取ることが基本です。それに加え、定期的に時間をかけて黄ばみなどを落としましょう。

 

少しでも効率よくするためには、毎日クリーニングを行い、汚れを見つけた時点ですぐに落としましょう。またお風呂のクリーニングは壁も忘れずに汚れを落とし、カビ防止のためにしっかり乾燥させましょう。

関連ページ

クリーニングを効率化しよう
家の中のホコリは日中、つまり活動中に空気中に舞っていて、活動が静まる夜になると上から下へと落ちてくるので、朝はホコリが溜まっている状態です。ですから、クリーニング、つまり掃除をするベストタイミングなのです。
洗濯物のクリーニング技術
ワイシャツやカッターシャツ、ブラウス、プリーツが入ったスカートなど、衣類の種類は男女問わずさまざまです。また生地の種類もコットンやシルク、ウールやレーヨンなど幅広くあります。
壁紙や床のクリーニング技術
壁紙の汚れには、たばこのヤニや湿気によるカビ、そして子どもの落書きなどがあります。これらの汚れは自分でもキレイに落とすことができます。ではカビはどのようにクリーニングすることができるでしょうか?
家具や家電のクリーニング技術
テレビ台やテレビの液晶画面、オーディオ機器などはホコリが付きやすくて目立ちます。特にリビングの設置されている場合は汚れが増していることでしょう。家電本体に傷がつかないよう丁寧なクリーニングが求められます。
キッチンの油汚れを落とすコツ
キッチンの油汚れのクリーニングを始めるときには、必ず手袋とマスクを着用して、具合が悪くならないように気を付けて行うようにしましょう。キッチンの油汚れは放置してしまうと、汚れが落ちにくくなってしまいます。
家事代行に求められるスキル
家事代行は依頼者の代わりに家事をすることが仕事なので、家事ができることが求められている基本条件です。つまり、主婦が一般的に行う家事とほとんど同じことが求められます。それには料理や洗濯、掃除などが含まれます。
お掃除力を高めて余暇を作ろう
仕事から疲れて帰ってきた日や、酔っぱらってしまった時など・・ついつい食器洗いを翌日に回してしまうことがあるかもしれません。しかし、どんなに疲れていても使用した食器はその日のうちに洗うようにしましょう。
フローリングや壁の修繕を学ぼう
フローリングをうっかり傷つけてしまったり、モノを置いていた跡が残ってしまった・・という時、どのように対処することができるでしょうか?業者に依頼することもできますが、少しの傷なら自分で修繕することができます。
薬剤で安全に汚れを落とす方法
柄物には液体の酸素系漂白剤を使用し、白物には粉末の酸素系漂白剤を使用することです。漂白剤を使って洗濯するなら、シミなどの汚れはもちろん、除菌や殺菌効果もあるので、梅雨時期の生臭いニオイや、洗濯後も衣類に残留している皮脂などもキレイに取り除くことができます。
家事と仕事のスキルアップに生かせる
子どもを産むことを機に仕事を辞めて専業主婦になった方、家族のために外で働くことを断念し、すべての家事を行っている専業主婦の方は少なくないことでしょう。しかし、子どもが成長し手が離れるなど状況が変化した時、仕事を再開したい!けど自分には資格がない・・と考え、なかなか先へと進むことができない方も多いようです。
掃除上手は運気アップもしやすい
掃除をすると運気がアップする、ということは風水の基本と言われています。部屋の掃除をして風通しをよくし”空気の流れを作る”とか、太陽の光を入れたすがすがしい気分になり”運を呼び込む”と考えられているようです。
収納力や整理整頓も身につけよう
部屋を片付けることが苦手な方も少なくありません。きちんと整理整頓をすることができるなら、快適な生活を送ることができます。そのためには収納力や整理力を身に着ける必要があります。どのようにでしょうか?
ぬいぐるみのクリーニング方法
まずぬいぐるみをクリーニングする前に、ブラシなどでホコリを落とします。その後、水で湿めらせたタオルでぬいぐるみを軽く叩いてみましょう。もし色落ちをするようなら、水洗いをすることはできません。
ベランダやエクステリアのクリーニング方法
ベランダのクリーニングをする場合、戸建てでもマンションでも共通していることは、ゴミが飛び散る心配がない曇りや小雨の風が弱い日に行うなら効率よく作業を進めることができます。
家の外壁をクリーニングする方法
家の外壁のクリーニングをしない、つまりお手入れを何もしないと、苔や藻、カビなどの汚れが出てきます。これらは胞子によるものがほとんどなので、放っておくならドンドン繁殖してしまいます。
ホコリの量を減らせるクリーニング
どうして家の中でホコリが発生するのでしょうか?わたしたちが家の中で動くたびに、繊維のクズや食べ物のカス、髪の毛や綿埃などが落ちて、空中に舞います。また家の中以外にも、土ホコリ、花粉、煙などが風と共に家の中へ入ってきます。外出先から自宅に入るときにも体や衣服、カバンなどにはホコリがついてきます。
掃除に役立つ重曹とクエン酸
重曹には薬用、食用、工業用と3種類ありますがすべて”炭酸水素ナトリウム”です。性質がアルカリ性なので、酸性の汚れを落とすことができます。また重曹には、油と混ざるることにより”親水性”と”親油性”という2つの特徴をもつことができます。
家の汚れに多い成分と中和方法
ぞうきんでこすった程度では落とすことができないシミや汚れが、きっとどのおうちにもいくつかあることでしょう。もしかすると、もう落ちない・・と諦めている方もいるかもしれません。
クリーニングを仕事にする時の注意点
クリーニングの仕事の面接に臨む前、まずきれい好きであることを面接官にアピールするため、清潔で清爽なイメージを印象付ける服装を選ぶようにしましょう。またクリーニングの仕事は一人で行う機会も多くあります。
クリーニング資格を取るのにかかる費用
最近、家事代行サービス、つまり、一般の家庭のクリーニングの仕事の需要が伸びています。名前のとおり、依頼主の家庭を訪問し、掃除や料理などの家事全般を行うことが仕事内容となっています。掃除といっても、リビングから浴室、キッチン周りと依頼主の要望によって仕事内容が変わります。
家事代行で稼げる平均的金額
家事代行サービスを利用しているのは、富裕層の人ばかりではありません。ごく普通の一般的なサラリーマン世帯が一番多く利用しています。そのため認知度も、利用者も近年急速に伸びています。一番利用者が多いのは、年収が500万円代で、世代は30代です。
自宅を常にきれいにするためのライフハック
週末に掃除をしなくては・・とか、時間がないから年末にまとめて掃除をしよう・・と掃除を先伸ばしにしている方も少なくないのではないでしょうか?確かに掃除は時間も体力も使います。そこで自宅を常にキレイに保つことができるように、掃除を習慣づけてしまえばよいのです。
開運にもおすすめなお掃除術まとめ
運がアップして、さまざまな職業や業績で成功している人たちの共通点は、家や部屋をキレイにしているという点です。つまり、いつも掃除をして、いつもきれいにしているということが運と関係があるといことです。
洗濯機・洗濯槽内の汚れ落としのコツ
なくてはならない家電・洗濯機は毎日大活躍していますが、掃除をきちんとしていますか?一見キレイそうにみえますが、実は洗濯槽の裏側には、黒カビや垢などがたくさん張り付いているのです。