どんな汚れも自分で洗い落とす方法

洗剤を選ぶことが大切

掃除をしたい場所にあった洗剤を選ぶことが大切です。

 

塩素系の洗剤は

お風呂や台所、トイレなどのカビを除去できます。

 

アルカリ性の洗剤は

キッチンは油汚れがひどいので、通常アルカリ性の洗剤を使用します。

 

 

 

自分の家を自分で掃除するよりも、お掃除の家事代行などのサービスを頼むならば、家がとても綺麗になります。自分で掃除するよりも、ハウスクリーニングに頼むと何倍もきれいになるのはどうしてなのでしょうか?それは、この汚れにはこの洗剤を使用すると良い、ということを知っているからです。

 

掃除をしたい場所にあった洗剤を選ぶことが大切です。ですから、どんな汚れもきれいに洗い落とすことができるということです。どんな汚れも自分で洗い落とせれば良いのに、と思いませんか?

 

汚れが落ちると、掃除が楽しくなるものです。ですから、ハウスクリーニングのプロのコツを見てみましょう。まず、ハウスクリーニングには洗剤を選ぶ時に、その用途に合ったものを選んでいくことが必要です。

 

洗剤のボトルに書かれているペーハー(pH)を見ます。ペーハーが濃いと酸性で、薄いとアルカリ性が強くなります。このペーハーをもとにして洗剤を選んでいくのですが、酸性かアルカリ性かによって、どんな汚れに効果を発揮するかが決まってきます。

 

塩素系の洗剤は、ペーハーが高めになります。この洗剤を使うことで、お風呂や台所、トイレなどのカビを除去できます。アルカリ性の洗剤は、油汚れなどに効果を発揮します。

 

キッチンは油汚れがひどいので、通常アルカリ性の洗剤を使用します。重曹も弱アルカリ性ですから、重曹水を作って使用することもできます。

 

でも、水栓器具周りについている白い水垢は、酸性のものでないと取れません。その時は、部分的にクエン酸やお酢などを使用します。まな板除菌、カビ取りをする時は、塩素系漂白剤・カビ取り剤を使用することもありますが、次亜塩素酸ナトリウムという化学物質が入っています。これが酸と混ざるととても危険なので注意しましょう。

 

ですから、水垢を取りながらついでに除菌もしよう、ということは絶対に避けます。このような洗剤の使用する違いを理解して掃除をしていくわけです。

 

クリーニングの仕事のスキルアップにもおすすめ

毎日健康な日々を過ごすため

毎日健康な日々を過ごすために欠かせないのが、掃除なのです。

 

クリーニングのプロの技

自分の手で快適な環境を手に入れるために、クリーニングのプロの技を習得したいものです。

 

掃除のスキルアップに役立つ資格

クリーニングの仕事をしている場合、スキルアップにもなりますのでオススメです。

 

 

私達が生活をしていく上で、必ずしなければならない仕事と言えば、ハウスクリーングです。

 

掃除をしていない部屋で生活するならば、心も体も病気になってしまいます。毎日健康な日々を過ごすために欠かせないのが、掃除なのです。

 

自分の手で快適な環境を手に入れるために、クリーニングのプロの技を習得したいものです。そうすれば、クリーニングの仕事をしている場合、スキルアップにもなりますのでオススメです。

 

掃除のスキルアップに役立つ資格が幾つかあります。まず、日本生活環境支援協会主催の「ハウスクリーニングアドバイザー」は、プロの視点から掃除に関するアドバイスを的確にできる人材を育てる資格になります。道具の使用方法や、状況、状態に応じて掃除ができる知識やスキルを身に着けていきます。

 

日本インストラクター技術協会主催の「クリーニングインストラクター」は、家で学んで実践してきた技術を色々な環境づくりに活かすことができるようになる資格です。クリーニングインストラクターの資格は、掃除が得意でない人でもクリーニングのプロになれる様々な知識を身に着けることができるのです。

 

また、一般財団法人日本掃除能力検定強化の「掃除検定」は、1級〜5級まであり、日本独自の掃除文化を大切にしていき、世界に発信していけるような人材を育成するものです。

 

そして、「ハウスクリーニング技能士」は国家資格になります。技能検定の1つで、試験に合格したらハウスクリーニング士の称号が与えられるのです。

 

この資格は、ハウスクリーニングを仕事とする人のための職業能力をはかるものになります。資格を取るためには実務経験が必要です。また、NPO法人日本ハウスクリーニング協会主催している「ハウスクリーニング士」は、掃除を仕事としている人が持っているとスキルアップになる資格です。

 

掃除スキルの他に、エアコンといった大型電化製品、水道のパッキン交換といった、専門性の高いスキルを身に着けることができます。

 

ハウスクリーニングを利用する人に安心と満足を届ける掃除のプロを目指すものです。これらの資格でスキルアップを目指してみるのはいかがでしょうか?

 

高度な掃除やクリーニングに役立つスキル

 

ハウスクリーニングや、高度なお掃除に役立つスキル(技術)を持っているならば、家の掃除も楽しくなります。

 

しかし、掃除が苦手な場合、特にガスレンジ周りは掃除を後回しにしがちなものです。

 

ガスレンジ周りをすぐに掃除しないと、汚れがこびりついてなかなか落ちません。そういう場合、お掃除はどうしたらよいのでしょうか?

 

ハウスクリーニングに役立つスキルを見てみましょう。まず、容器に45度位の熱めのお湯を10リットルを用意します。アルカリ性の洗剤約200ccを入れて、ガスレンジ器具の部品を入れて30分位浸け置くのです。汚れが柔らかくなってきたら、期限切れのカードなどで使い汚れの厚みを取ります。汚れの厚みが薄くなってきたならば、金タワシやスポンジでこすっていきます。

 

それでも落ちない場合、つけ置きしたお湯に再度入れて汚れを落としていきます。それから、よくすすいで器具を戻します。そうすると、とっても綺麗になります。

 

また、ガスレンジの周りの壁タイルにも油はねがありますが、これは洗剤でこすってもなかなか落ちなかったりします。どうしたらよいのでしょうか?

 

まず、壁タイルの目地に直接汚れを染み込ませないために、水・湯だけを含んだスポンジでこすっていきます。その後、アルカリ性の洗剤を含めたスポンジで壁面を下から塗っていきます。油はね汚れが柔らかくなったら、期限切れカードなどで汚れを落としていきます。そして、再度洗剤を含めたスポンジで汚れを落としていきます。

 

その後、汚れと洗剤をふき取って、乾拭きをしていきます。シンクの汚れは、固めのスポンジにクレンザーを付けて一定方向にこすります。こうして一定方向に磨いていきます。

 

水栓金具周りにある白い輪染みは、水100ccとクエン酸小さじ1杯を入れた、クエン酸水を吹き付けてラップに巻き付けます。巻き付けたラップを10分位置いてから洗い流します。水垢は、夜寝る前に水分をふき取ると掃除が簡単になります。

 

暮らしに役立つ整理収納・クリーニングスキルの選び方

 

時が流れて行くと、家の中にある物は増えて行くものです。家族の人数が増えれば、なおさら物は多くなりがちです。また、建物や部屋の中も、時とともに、自然と汚れが目立つようになるでしょう。

 

それで、家の中を整然とした状態に保つためには、整理収納やクリーニングのスキルを身につけることが大切です。

 

例えば、整理収納に役立つ、こんな方法があります。キッチンの収納では、穴が幾つも空いているボードである、有孔ボードを活用することができます。

 

まずは有孔ボードを入手し、壁に取り付けます。たくさん空いている穴の中にS字のフックを取り付けて行きます。そのS字フックに、ハサミやフライパンなどをかけることによって普段よく使うものを整理収納できます。

 

ハウスクリーニングのスキルとしては、こんな方法もあります。洗面台の蛇口のクリーニングの方法ですが、なかなか汚れが取れないような場合には、ゴム手袋をはめてジーンズ地などを水で湿らせ、クリームクレンザーをつけて金属部分や水道の根元部分をこすります。その後、水で洗剤や汚れを洗い流します。それから乾いたぞうきんを用いて水気を拭き取ります。

 

こうした、生活に役立つスキルをどのように見つけて選ぶことができるでしょうか。例えば、インターネットを検索すれば、整理収納やクリーニングに関するアイデアをたくさん見つけることができます。

 

その中から、自分の家の雰囲気に合った、気に入った整理収納、クリーニングの方法を探してみることもできます。しかしながらインターネットから得る情報がぴったり自分の家に当てはまるとは限りません。さらに、インターネット上では正確ではない情報が掲載される可能性もあります。

 

それで、収納や清掃に関するカルチャースクールで有用な情報を得るという方法もあります。講師に直接質問することもできるので、自分の家ですぐに役立つ情報を手軽に入手することができるでしょう。

 

ハウスクリーニングや、高度なお掃除に役立つスキル(技術)を持っているならば、家の掃除も楽しくなります。

要点を紹介するキャラクター

 

生活を支えてくれる資格ランキング

画像名を入力

クリーニングインストラクターの特徴

クリーニングインストラクター資格について認定するのは、日本インストラクター技術協会(JIA)という機関です。

このクリーニングインストラクター認定試験は、掃除に関する幅広い知識を有し、それを生かして掃除を行なう技術のある人を認定する試験です。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
クリーニングインストラクターの総評
  • 掃除に関する幅広い知識
  • それを生かして掃除を行なう技術のある人を認定
  • 水あかの掃除の仕方など、様々な知識を活用させる
公式サイトへ

 

画像名を入力

ハウスクリーニングアドバイザーの特徴

ハウスクリーニングアドバイザーの資格について認定するのは、日本生活環境支援協会という機関です。

ハウスクリーニングアドバイザーとは、プロの知識や視点を持ち、的確な判断やアドバイスができる掃除のスペシャリストが認定される資格のことです。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
ハウスクリーニングアドバイザーの総評
  • プロの知識や視点
  • 的確な判断やアドバイスができる
  • 掃除のスペシャリストが認定される
公式サイトへ
第1位:クリーニングインストラクター

(https://www.jpinstructor.org/shikaku/cleaning/)
クリーニングインストラクター資格について認定するのは、日本インストラクター技術協会(JIA)という機関です。
このクリーニングインストラクター認定試験は、掃除に関する幅広い知識を有し、それを生かして掃除を行なう技術のある人を認定する試験です。

 

「諒設計アーキテクトラーニング」は、このクリーニングインストラクター資格を取得するための通信講座を実施しています。自宅でクリーニングインストラクター資格と日本生活環境支援協会(JLESA)が主催するハウスクリーニングアドバイザーの資格を取得することが可能となっています。

 

しかも、この講座は、日本インストラクター技術協会、日本生活環境支援協会より、それぞれ指定講座として認められていますので、試験免除で資格が取れるのです。

 

第2位:ハウスクリーニングアドバイザー

(https://www.nihonsupport.org/shiken/housecleaning/)
ハウスクリーニングアドバイザーの資格について認定するのは、日本生活環境支援協会という機関です。
ハウスクリーニングアドバイザーとは、プロの知識や視点を持ち、的確な判断やアドバイスができる掃除のスペシャリストが認定される資格のことです。

 

認定試験では、例えば、ハウスクリーニング業者の心構え、用具と洗剤、掃除機、モップ、ブラシ、スクイジー、スチールウールたわし、ハンディパット、デッキブラシ、ドライバーセット等工具、高圧洗浄機、ポリッシャー、剥離剤、カーペット用洗剤に関する知識が問われます。

 

資格取得後は、講師として、自宅やカルチャースクールなどで活動することができます。通信教育・通信講座のSARAスクールジャパンでは、おそうじコンサルタントの基本コース、プラチナコースが準備されており、ハウスクリーニングアドバイザー資格とクリーニングインストラクター資格の2つの資格の取得を目指します。

 

SARAスクールジャパンで使用する教材はすべて完全オリジナルで、初心者でもわかりやすい内容で学びやすくなっています。SARAスクールジャパンの講座は「輝ける女性部門第1位」、「美しくなれる通信教育部門第1位」などにも選ばれたことがあります。やみくもに独学で学ぶよりも、こうした通信講座を活用する方が資格を早く取得できることでしょう。

 

わからないことがあれば、プロの指導者に個別質問ができるようにもなっているので安心して受講できます。

 

一番生活に役立つのは「クリーニング資格」

「クリーニングインストラクター資格」はオススメ
クリーニングに関する詳細な知識
水あかの掃除の仕方など、様々な知識を活用させる

「クリーニングインストラクター資格」について認定するのは、日本インストラクター技術協会という機関です。

 

クリーニングインストラクター資格認定試験は在宅受験となっていますので、試験会場では緊張してしまう、本来の力が出し切れない、当日、体調が悪くなってしまったらどうしようなどと心配する必要はありません。落ち着いた環境の中で受験することができます。

 

講料は10,000円(消費税込み)ですので高額ではありません。合格基準も過度に高くありません。70%以上の評価で合格できます。

 

受験資格も特にありませんので助かります。実務経験などが必要となりますと、取得までに時間がかかりますし、それだけで面倒に感じてしまうことでしょう。

 

でも、クリーニングインストラクター資格の取得には実務経験は一切不要です。クリーニングインストラクターの認定試験の申し込みはインターネットで行います。偶数月の20〜25日が試験期間です。そして答案の提出はその月の終わり頃までに返送することになります。

 

認定試験では、例えば、頑固な油汚れ、レンジ周りの頑固な汚れ、魚焼きグリル、浴室、洗面所、水あか、石鹸カス、皮脂汚れ、カビ、ユニットバスのカーテン、トイレ、下駄箱、害虫に関連した知識が問われます。

 

「クリーニングインストラクター資格」はなぜオススメなのでしょうか。この資格を取得することにより、水あかの掃除の仕方など、様々な知識を活用させることで、美しい環境作りを目指せます。

 

気になる水まわりの汚れや、汚れが落ちにくくなっているレンジのまわりなども資格で得た知識を活用して落とせるようになります。資格取得後は、クリーニングインストラクターとしてカルチャースクールやセミナーでの講師活動ができます。

 

さらに、クリーニングに関する詳細な知識を有していますから、プロのクリーニングキーパーとして、家事代行やハウスクリーニングのお仕事を企業や個人から請け負い活動することもできるでしょう。

 

掃除資格はこちら

 

まとめ

私達が生活をしていく上で、必ずしなければならない仕事と言えば、ハウスクリーングです。掃除をしていない部屋で生活するならば、心も体も病気になってしまいます。

 

毎日健康な日々を過ごすために欠かせないのが、掃除です。自分の手で快適な環境を手に入れるために、クリーニングのプロの技を習得したいものです。

 

ハウスクリーニングに頼むと何倍もきれいになるのはどうしてなのでしょうか?

 

それは、この汚れにはこの洗剤を使用すると良いということを知っているからです。掃除をしたい場所にあった洗剤を選ぶことが大切です。ハウスクリーニングのプロのコツを見るようにしてみましょう。

 

ハウスクリーニングには洗剤を選ぶ時に、その用途に合ったものを選んでいくことが必要です。ハウスクリーニングや、高度なお掃除に役立つスキル(技術)を持っているならば、家の掃除も楽しくなります。

 

生活に役立つ資格として、クリーニングインストラクター、ハウスクリーニングアドバイザーの資格などを挙げることができます。

 

とりわけ、クリーニングインストラクターになることにはメリットがあります。お掃除の分野でスキルアップできます。水あかの掃除の仕方など、様々な知識を活用させることで、美しい環境作りを目指せます。

 

気になる水まわりの汚れや、汚れが落ちにくくなっているレンジのまわりなども資格で得た知識を活用して落とせるようになります。資格取得後は、クリーニングインストラクターとしてカルチャースクールやセミナーでの講師活動ができます。

 

さらに、クリーニングに関する詳細な知識を有していますから、プロのクリーニングキーパーとして、家事代行やハウスクリーニングのお仕事を企業や個人から請け負い活動することもできるでしょう。

 

この機会に、クリーニングインストラクター資格について検討してみるのはいかがでしょうか。充実した通信講座もありますので、通信講座活用して、スムーズに勉強を進めることもできるでしょう。

更新履歴